小型旋盤 フライス盤の実用オンラインショップ 旋盤市場

旋盤市場タイトル
[ ご利用ガイド ] カートの中を見る メイン >  旋盤入門  > バイト用語辞典

カートの簡易表示
現在カートは空です

穴径 (アナケイ)
穴付きバイトの穴の直径。

アプローチ角 (アプローチカク)
基準面(鳶)上で測った s-v面とρ-V面とがなす角。横切れ刃角ともいう。

送り (オクリ)
送り速度及び送り量の総称。

送り速度 (オクリソクド)
切れ刃上の一点におけるバイトと工作物との送り運動方向の相対速度。

送り量 (オクリリョウ)
バイト又は工作物の1回転又は1ストローク当たりの送り運動方向の相対速度。

主切れ刃 (オモキレバ)
切削作用において,切りくず生成に主な役割を果たす切れ刃の部分。

主逃げ面 (オモニゲメン)
切れ刃につながる逃げ面。主逃げ面が複数の面からなるときは,主切れ刃に近い方から順に第一主逃げ面,第二主逃げ面などと呼ぶ。

外径 (ガイケイ)
刃部の一番大きい箇所の直径。

基準面 (キジュンメン)
刃部の諸角を定義するために基準とする乱切れ刃上に任意に選んだ一点を通る面として設定する。工具系基準方式では主運動方向に垂直,作用系基準方式では主退勤と送り運動とを合成した合成切削運動の方向に垂直な面。前者を工具系基準面といい,後者を作用系基準面という。

境界摩耗 (キョウカイマモウ)
逃げ面摩耗のうち,切削部と非切削部との境界に生じた細長い溝状の摩耗。

切りくず (キリクズ)
切削作用によって工作物から取り除かれた工作物の小片。

切りくず障害 (キリクズショウガイ)
切削中に切りくずが排出されず刃部に詰まったり,からみついて起こる切削作用の障害。

切り込み(深さ) (キリコミ)
被削面と(切削)仕上げ面との距離。

切込み角 (キリコミカク)
基準面上で測ったS-V面とf-Vとがなす角。

切り取り厚さ (キリトリアツサ)
基準面への主切れ刃の投影に垂直に測った、削られる部分の見かけの厚さ。

切り取り幅 (キリトリハバ)
基準面への主切れ刃の投影のうち削られる部分の長さ・

き裂 (キレツ)
切削によって刃部に生じた裂けめ。

切れ刃 (キレバ)
刃御構成要素の一つで,すくい面と逃げ面との交線を形成する部分。

切れ刃傾き角 (キレバカタムキカク)
S-V面での,切れ刃と基準面とがなす角。

食付き部 (クイツキブ)
バイトの工作物に食い付く部分又は切削しながら工具自身も案内。

首 (クビ)
バイトの製作上又は使用上の必要によって,シャンク以外の部分に設けたくびれた部分。

首の長さ (クビノナガサ)
軸と平行に測った首の長さ。

欠損 (ケッソン)
切削によって切れ刃に生じた大きい欠け。

コーナ (コーナ)
一つの切れ刃と他の切れ刃とがつながるかどの比較的小範囲の切れ刃の部分。ノーズともいう。

コーナの面取り長さ (コーナノメントリナガサ)
コーナに加工した面取りの寸法。基準面内での長さで表す。

コーナ半径 (コーナハンケイ)
丸コーナの丸みの呼び半径。基準面内で認定した値で表す。

工具系角 (コウグケイカク)
工具系基準面を基準として定設する刃部の角の総称。

工具寿命 (コウグジュミョウ)
切削中の切れ刃が,工具寿命判定基準による寿命点に達するまでの正味切削時間。
次の例のように,工具寿命判定基準を表す記号を括弧内に記す。
例 
T(VB):逃げ面摩耗によって判定した工具寿命
T(KT):すくい面摩耗によって判定した工具寿命

構成刃先 (コウセイハサキ)
金属加工において,切削中に被削材の一部が加工硬化によって母材よりも著しく硬い変質物となって刃部にたい(堆)積疑着し,元の刃先に代わって新たな刃先が構成された状態となったもの。

サイドすくい角 (サイドスクイカク)
基準面に対するすくい面の傾きを表す角で,f-v面が基準面及びすくい面と交わって得られるそれぞれの交線が挟む角。

サイド逃げ角 (サイドニゲカク)
s-v面に対する逃げ面の傾きを表す角で,f-面がs-v面及び逃げ面と交わって得られるそれぞれの交線が挟む角。

作用系角 (サヨウケイカク)
作用系基準面を基準として定義する刃郁の角の総称。作用系角であることを明らかにするために,用語の前に“作用系”を付け,記号には添字eを付けて工具藁角と区別する。

さらい刃 (サライバ)
送りによる凸凹を徐き仕上げ面粗さを向上させるために設けた劃切れ刃の直線部分。

(切削)仕上げ面 (シアゲメン)
切削加工によって生じた加工物の表面。

シャンクの長さ (シャックノナガサ)
軸に平行に測り刃郁及び首を除いた部分の長さ。

シャンク (シャンク)
バイトの柄部。使用に際してこれを保持する。

シャンクの高さ (シャンクノタカサ)
底面に垂直な方向に測ったジャンクの最大高さ。

シャンクの直径 (シャンクノチョッケイ)
円筒状シャンクの直径。

シャンクの幅 (シャンクノハバ)
シャンクの軸に直角で底面に平行な方向に測ったシャンクの最大幅。

軸 (ジク)
バイトのシャンク又はポデーの長手方向の対称中心線。

垂直すくい角 (スイチョクスクイメン)
基準面に対するすくい面の傾きを表す角でO-V面が基準面及びすくい面と交わって得られるそれぞれの交縁が挟む角。

垂直逃げ角 (スイチョクニゲカク)
S-V面に対する逃げ面の傾きを表す角でo-vがs-面及び逃げ面と交わって得られるそれぞれの交線が挟む角。横切れ刃に対する垂直逃げ角を横逃げ角,前切れ刃に対する垂直逃げ角を前逃げ角と呼ぶ。

すくい角 (スクイカク)
基準面に対するすくい面の傾きを表す角。

すくい面 (スクイメン)
バイトの切削を営む主体となる面。切りくずはこの面上を擦過する。すくい面が複数の面からなる場合は,切れ刃に近い方から順に第一すくい面,第二すくい面,第三すくい面などという。幅が狭い第一すくい面はランドともいう。これらのすくい面は,特に指定がないときは主切れ刃に関係するものを指す。主切れ刃と副切れ刃とに分ける必要がある場合には,主切れ刃につながるすくい面を主すくい面といい,副切れ刃につながるすくい面を副すくい面という。

すくい面摩耗 (スクイメンマモウ)
切削によってすくい面に生じた摩耗。

スローアウェイチップ (スローアウェイチップ)
スローアウェイバイトに用いるチップ。工具寿命に達した場合,再研削して使用することなく使い捨てにするチップ。 

切削速度 (セッサクソクド)
切れ刃上の一点におけるバイトと工作物との相対速度。

全長 (ゼンチョウ)
バイトの軸に平行に測った全体の長さ。

全幅 (ゼンプク)
円盤状バイトの軸に平行に測った全体の長さ。

塑性変形 (ソセイヘンケイ)
切削によって刃部に生じた損失によらない変形。

チッピング (チッピング)
切削によって切れ刃に生じた小さい欠け。

チップ (チップ)
ポデー又はシャンクに取り付けて使用する刃部材料の小爪その一部に切れ刃を形成する。

チップの厚さ (チップノアツサ)
すくい面に垂直に鎖隔たチップー辺の寸法。

チップの長さ (チップノナガサ)
すくい面に平行にコーナからシャンクヘ向かって測ったチップー辺の寸法。

チップの幄 (チップノハバ)
すくい面上でチップの長さ方向に直角に旋ったチップー辺の寸法

チップフォーマ (チップフォーマ)
切削によって,工作物から分離して流出する切りくずを,適当な形状に変形させる目的で,すくい面に設けた溝形,障壁などの障害物。

チッププレーカ (チッププレーカ)
切削によって,工作物から分離して流出する切りくずを,適当な小片に破断させることを目的として,すくい面に設けた溝形,障壁などの障害物。チップフォーマの一種。  

チップポケット (チップポケット)
切削中の切りくずの生成,収容及び排出を容易にするためにバイトに設けたくぽみ。 

直角すくい角 (チョッカクスクイカク)
基準面に対するすくい面の傾きを表す角でn-o面が基準面及びすくい面と交わって得られるそれぞれの交縁が挟む角。

直角度 (チョッカクド)
バイトのボデー又はシャンクの軸に垂直な平面内で,バイトの側面と底面に垂霖な平面との間の最大すきま。

直角逃げ角 (チョッカクニゲカク)
S-V面に対する逃げ面の傾きを表す角で,n-o面がs-v及び逃げ面と交わって得られるそれぞれの交線が挟む角。

直角刃物角 (チョッカクハモノカク)
すくい面と逃げ面とのなす角で,n-o面がすくい面及び逃げ面と交わって得られるそれぞれの交線の挟む角。この角は基準方式の相違によって異なる角となることはない。

底面 (テイメン)
準面に平行で機械の保持面に接するボデー又はシャンクの面。工異系基準方式ではバイトの取付位置と諸角とがこれによって定まる。

逃げ角 (ニゲカク)
(切削)仕上げ面に対する逃げ面の傾きを表す角。

逃げ面 (ニゲメン)
(切削)仕上げ面との不必要な接触を避けるために逃がした面。逃げ面が複数の面からなる場合は,切れ刃に近い方から順に第一逃げ面,第二注げ面などという。幅の狭い第一逃げ面はランドともいう。これらの逃げ面は,特に指定がないときは,主切れ刃に関係するものを指す。

逃げ面摩粍 (ニゲメンマモウ)
切削によって逃げ面に生じた摩耗。

刃形 (ハガタ)
基準面上に投影した切れ刃の輪郭。

刃形誤差 (ハガタゴサ)
実際の刃形と基準刃形の差。

はく離 (ハクリ)
切削によって刃部の面に生じたりん(鱗)片状の損失。

刃先角 (ハサキカク)
基準面上で測った,隣り合う直線切れ刃が形成する角。

刃先の高さ (ハサキノタカサ)
刃先の底面から測ったコーナの高さ。

破損 (ハソン)
切削によって生じた刃部又はチップの全体に及ぶ破壊。

刃長 (ハチョウ)
バイトの軸に平行に測った刃部の長さ。

刃幅 (ハハバ)
円盤状バイトの場合の刃長。

刃部 (ハブ)
バイトの切削に直接あずかる部分。切れ刃,すくい面及び逃げ面からなる。

刃物角 (ハモノカク)
すくい面と逃げ面とのなす角。

バイトの大きさ (バイトノオオキサ)
ジャンク断面か方形,長方形又は台形の場合は,シャンクの幅×シャンクの高さ×全長で表し,ボデーが円筒状の場合は,ボデーの直径×全長で表す。取付け穴をもつサーキュラパイトは,外務〉く全幅×穴径,シャンクをもつサーキュラバイト及びリセッシングバイトは外径×刃長×シヤンクの直径×全長で表す。

バイトの勝手  (バイトノカッテ)
すくい面を上にして刃郁からシャンクの方向に見たとき主切れ刃がある側で定め,主切れ刃が右側にあるものを右勝手,左側にあるものを左勝手という。

バックテーパ (バックテーパ)
送り運動に対してバイトに逃げを与えるために設けたテーパ。

バック逃げ角 (バックニゲカク)
s-面に対する逃げ面の傾きを表す角で, p-v面がs-面及び逃げ面と文わって得られるそれぞれの文線が挟む角(laio参照)。

バックレーキ (バックレーキ)
基準面に対するすくい面の傾きを表す角で, p-v面が基準面及びすくい面と交わって得られるそれぞれの交線が挟む角。

被剛性 (ヒゴウセイ)
被削材の削りやすさ。一般にエ具寿命(切削)仕上げ面の表面粗さ,切削力,切りくずの処理性などで評価される被削材の性質。

被削面 (ヒサクメン)
切削加工を施す加工物の加工前の表面。

副切れ刃 (フクキレバ)
切れ刃のうち主切れ刃を除く部分。

副逃げ面 (フクニゲメン)
削切れ刃につながる逃げ面。副逃げ面が複数の面からなるときは,副切れ刃に近い方から順に第一副逃げ面,第二副逃げ面などと呼ぶ。

ブレード (ブレード)
ポデーに機械的に保持されて刃部を構成する比較的長めのチップ又はボデーにチップを固着したもの。インサートブレードともいう。

ヘール (ヘール)
食込みとびびりとを避けるために逆U字形に曲げた首。

ホーニング刃 (ホーニング刃)
丸み又は小さな面取りを施した切れ刃。

(バイト)ホルダ (ホルダ)
バイトを目的の切削用途に使用するため特定の機構で保持する工具

ポデー (ポデー)
バイトの基幹部で,それ自身が切れ刃を形成するか又はブレード若しくはチップを保持する部分を含めた全体。

前切れ刃 (マエキレバ)
一般に(切剛)仕上げ面を生成する切れ刃又はそれに近い側の切れ刃。

曲がり (マガリ)
バイトの底面を平面上に置いたとき,底面と平面との間の最大すきま。                       

摩耗 (マモウ)
切削によって刃部に生じた漸進的な損失。

丸コーナ (マルコーナ)
丸みを付けたコーナ。

面取りコーナ (メントリコーナ)
直線状に面収りしたコーナ。

横切れ刃 (ヨコキレバ)
一般に(切削)仕上げ面から遠ざかる側の切れ刃。

呼び (ヨビ)
バイトの大きさの略称。

ランド (ランド)
すくい面又は逃げ面上に切れ刃に沿って設けた幅が狭い帯状の面。それぞれ,すくい面ランド又は逃げ面ランドという。


TOP | 特定商取引に関する法律に基づく表示 | プライバシーポリシー | カートを見る | レジに進む

小型旋盤 フライス盤の実用オンラインショップ 旋盤市場  Copyright(c) 2007 Prospec Industry Inc. All Right Reserved.