小型 旋盤 フライス盤 NC旋盤 NCフライス盤 の実用オンラインショップ 旋盤市場
旋盤市場タイトル
[ ご利用ガイド ] カートの中を見る 旋盤市場メイン >  基本加工テクニック

[ Gコードについて ]

●普段使用するGコード:

普段Gコードを手打ちする場合に使用する主な命令は下記の7種類程度で、その他は主にメートル法の寸法値になります。

G0  高速移動モードにセット
S*** 回転数セット ***に回転数(毎分)の数値を入れる
M3  主軸オン
M5  主軸オフ
F*** 移動速度セット ***に mm/分の数値を入れる
G1  定速移動モード あらかじめセットした F値(1分間に動くミリ数)の速度で移動する
M2  プログラム終了宣言

Gコードとは上記命令に X軸 Y軸 Z軸の座標値を組み合わせているだけのものです。
例えば、 X20であればゼロ点を基準に X軸方向プラス 20mmの座標値。 X-20であればゼロ点を基準に X軸方向マイナス 20mmの座標値。

●実際のプログラム記載例:

G0 Z0 X0  切削開始点(Z0 X0) に高速移動(G00)
S300    回転数 300rpmにセット
M3     主軸 ON
F20     分速 20mm移動にセット
G1     定速送りモードにセット
X-0.2    X 軸を 0.2移動する
Z-3     Z軸を-3 まで移動する 
G0     高速移動モードにする
X0.5    X を座標0.5 まで戻す
Z0     Z軸を0(原点) まで移動
M5     主軸停止
M2     プログラム終了コード(必須)

●その他必要に応じて使用することもあるGコード命令:

G90 絶対座標( アブソ) にセット
G91 相対座標(インクリ)にセット
G2/G3 円弧移動命令
G4 指定秒一時停止



旋盤市場TOP  |  特定商取引に関する法律に基づく表示  |  プライバシーポリシー  |   カートを見る  |  レジに進む

小型旋盤 フライス盤の実用オンラインショップ 旋盤市場 Copyright(c) 2007 Prospec Industry Inc. All Right Reserved.