手動パルスゼネレータ(テパ)

手動パルスゼネレータ(テパ)

ワーク原点合わせなどに便利な電気手動ハンドル

東京測定器材蠅瞭本製プロ用エンコーダを使用。100万回転後もほとんど使用感が変わらない信頼性があります。

仕様:

軸切替え:4軸
分解能/レンジ:0.001mm x1 x10 x100 3レンジ
エンコーダ:100パルス/回転
インタフェース:USB
対応CNCソフト:LinuxCNC(専用PCオプションのみ対応)
筐体:ダイキャスト

※弊社専用PCオプション以外では動作いたしません。
※仕様変更等により外観の小変更はあります。


よくある質問:-
Q1
御社CNC工作機械に興味があります。
各軸は、手動でも動かせますか?

A1
ご検討ありがとうございます。
NC工作機械の場合は後述の理由で直接機械的ハンドルをつけるといことが難しいため「手動パルスゼネレータ」をご使用いただくことで、電気的に直接各軸を動かすことが可能です。回転ホイールは1回転100目盛りになっておりまして、手元スイッチで倍率を変更することで1目盛り0.001mmから0.1mmまで3通りに変更可能です。
倍率を中間の0.01にセットするとちょうど1回転(0.01x100)で1mm送ることができますので、手送り同様直感的に(かつ正確な)操作が可能です。PC画面上には現在座標の数値もリアルタイムに表示されておりますのでデジタル表示付きの送りハンドルとして使用いただけます。

※NC工作機械に直接機械式の手送りハンドルを付けてしまうと、巻き込まれて大けがをする可能性がありますし、手送りを使わない場合は邪魔になるため、NC工作機械の場合は機械式手送りハンドルが好ましくないという背景がございます。

閉じる